水比較

水比較の口コミブログ

水の種類とそれぞれの特徴


水と言ってもいろいろありますよね。

今回は、水の種類とそれぞれの特徴と
選び方をご紹介します。

軟水と硬水
水は、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが入っています。

水1000ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表したものを硬度といいます。

WHO(世界保健機構)の基準で硬度が120mg/l以下のものを軟水、

120mg/l以上のものを硬水といいます。

日本の水道水はたいていが軟水で、ヨーロッパや北米は硬水が多く存在します。

食事バランスが悪く、欧米風の食生活を気にされる人なら、ミネラル不足を補うためにたまに硬水を飲むのも良いですね。

ただし、マグネシウムは便通を良くしますので、適度に軟水と硬水を飲み分けるのが良いでしょう。

便秘がちな人にもおすすめです。

軟水は口当たりがまろやかで飲みやすいので日本人の口に合いやすく、消化機能の未熟な赤ちゃんやペットにもおすすめです。

 

水素水
水素水は水素を含んだ水のことです。
無色透明で、口当たりはスッキリとしています。

老化の原因である活性酸素を抑えることができると最近話題でもあるんですよ。

アンチエイジング対策にもおすすめです。
血糖値の改善もできると、美容業界だけでなく医療現場でも水素水の活用が研究されています。

★いろいろありますが水素水も簡単に生成できてコスパも良い!と人気なのがクールクーの水素水ウォーターサーバーです。

赤ちゃんも安心なピュアウォーターも選べますよ。
水素水生成機能付ウォーターサーバー
「CoolQoo」クールクー

他では「水素たっぷりの美味しいお水」として人気なのがメロディアンハーモニーファインです。

 

酸素水
通常の空気中におかれた水よりも高濃度に酸素を含んだ水を酸素水といいます。

水を飲むだけで、酸素不足と水分補給が同時に出来るので、スポーツをされる人に愛用されています。

人間に必要不可欠な酸素が不足すると動悸、息切れ、めまいなどいろいろな症状が起こります。

排気ガスなど空気の汚染によって酸素不足の現代人が増えていますので、特に生活習慣が乱れている人、喫煙や飲酒の習慣がある人、スポーツする人におすすめです。
★美肌にもよいと人気の酸素水がDo-Waterです。
公式サイト→飲むスキンケア酸素濃度30倍のディーオーウォーター

 
温泉水

温泉水とは、地中から湧き出るミネラル豊富な水のことです。

地熱によって温められ25度以上ある水のことを温泉水と呼んでいます。

温泉の効果は疲労回復などがありますよね。

飲用可能な温泉水もありますが、硫黄臭がしてかなり癖のある味になっています。

飲用可能な温泉水とダメな温泉水もあるので、注意しましょう。

美味しく飲めて健康にも良いと口コミで人気なのが温泉水99です。
お試しできるので便利です。
公式サイト→温泉水99のお試しセットはこちら♪

 

炭酸水

炭酸水は、ミネラルウォーターに炭酸を加えた水です。

炭酸のおかげでのどごしが良く、腹持ちが良いのでダイエットにも良いです。

便秘改善にも繋がります。

 

アルカリイオン水
アルカリイオン水は、水道水や天然水を電気分解して作られます。

 

不純物がなく口当たりがまろやか
ため、アトピー等敏感肌や乾燥肌の人におすすめの水です。

 

★ウォーターサーバーでアルカリイオン水で人気なのはフレシャスです。
公式サイト→富士山のバナジウム入り天然水【フレシャス】

ミネラルウォーターと天然水の違い
天然水とは、特定の水源から採水した地下水が原水のものをいいます。

この天然水をどのような方法で殺菌しているのか、または一切殺菌していないのかで、ミネラルウォーターの名前が変わってきますので、衛生面が気になる人は、良くチェックして選ぶ必要があります。

例えば、加熱殺菌しているミネラルウォーター、フィルター除菌のミネラルウォーター、非加熱殺菌ミネラルウォーター(濾過フィルター処理)などです。

ヨーロッパなどの天然水は、ナチュラルミネラルウォーターといい、一切の処理がされずにボトリングされているものです。

真の意味での天然水に当たります。

自分の目的にあった水を使い分けて飲むと美容や健康に効果的です。

 

タグ : 

違いや比較