水比較

水比較の口コミブログ

妊婦とお腹の赤ちゃんに良い水


妊婦とお腹の赤ちゃんに良い水についてです。

妊娠中、健康管理は人一倍気を使うものです。

元気な赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに、妊婦である自身の体とお腹の赤ちゃんの体の二人分の健康をしっかり管理しなければなりません。


ところで、人の体の約6割は水分です。

これは成人の場合で、お腹の中の赤ちゃん(胎児)の場合はなんと体の約9割が水分です。

このことから、健康管理には良い水選びがとても重要ということがわかります。

妊婦さんの飲む水は、赤ちゃんへ届く水でもありますから、良い水を選びましょう。

水の選び方ですが、まず水には硬水と軟水がありますが、妊婦さんには軟水がおすすめです。

軟水とは、一般的に1リットルあたりの水に溶け込んでいるカルシウムとマグネシウムの量が100mg未満の水のことです。

硬水は便秘の解消にもなりますが、まだ未成熟な胎内の赤ちゃんの臓器に負担がかかってしまいますし、2人分の血液をろ過している妊婦さんの腎臓の負担にもなりますので、硬水ではなく軟水をセレクトします。

そして、安心して飲めて美味しく、妊婦さんにも胎内の赤ちゃんにも優しい軟水のミネラルウォーターか宅配水のウォーターサーバー利用がよいでしょう。

今や宅配水は数多くありますが、非加熱殺菌の天然水は普通の人なら大丈夫でも妊婦さんとなると少し衛生面で不安ですから、RO水にミネラルが添加されている宅配水を選ぶのがおすすめです。

例えば、クリクラは妊婦さんにも赤ちゃんにもおすすめです。
いい水と暮らそう【クリクラ】

NASAやオリンピック選手村でも採用されている超高性能フィルターである最先端の逆浸透膜(RO膜)システムを導入しているので、一般の浄水器では除去できない微小な物質、例えばウィルスや環境ホルモンもしっかり除去しているので安心して飲めます。

さらにカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムといったミネラルをバランスよく配合しているので、まろやかで美味しい水なのです。

RO水だけですと「純水」になってしまい逆に腸内細菌のバランスが崩れて下痢を起こしてしまう可能性もありますが、クリクラはRO水にミネラルがバランスよく配合されているので安心して飲めます。

クリクラは軟水なので口当たりがやわらかく、飲み物や料理に使用してもあまり影響を与えないのも便利です。

3年前の震災で問題になった放射能物質についても、クリクラは、水の安全性確保のため定期的に検査をしてサイトで公表していますので(もちろん未検出です)、気になる人はチェックできます。

ウォーターサーバーのメンテナンスを年一回必ず実施するので、サーバーの衛生面も安心です。

クリクラは、サーバーレンタル料無料・送料無料・入会金、解約金一切なしですし、気になる人は無料お試しもできます。
いい水と暮らそう【クリクラ】
kurikura

 

タグ :   

妊娠中や授乳中でも安心な水

この記事に関連する記事一覧