水比較

水比較の口コミブログ

吸収されやすい体に良い水とは?


吸収されやすい体に良い水とは、どんな水でしょうか?

人間の体の60%は水ということからも、毎日の適切な水分補給は健康にも美容にもとても大切なことが分かります。

水分を摂ることで体の水分の吸収や循環、代謝、体温調節などの働きをサポートすることにつながるので、飲む水もいいものを選びたいものです。


良い水とは、体に吸収されやすい水、ヒトの体内を本来の弱アルカリ性に保ってくれる水を指します。

ところで、水の分子は地球上では1個では存在できないため、いくつかの分子のかたまりで存在します。

そのかたまりをクラスターといい、このクラスターが小さい(集まっている分子の数が少ない)水ほど体内への吸収が良くなります。

クラスターの大きい(集まっている分子の数が多い)水は胃の中で瞬時に吸収されず、吸収されるまで時間がかかります。

クラスターの大きい水か小さい水かは、簡単にわかります。

コップの水を一気に飲んで軽く飛んでみた時に、胃の中で飲んだ水がチャポチャポしていたらクラスターの大きい水です。

クラスターが小さい水の場合は胃壁からすぐに吸収されるためにチャポチャポしません。

今飲んでいる水が吸収がよいのかあまりよくないのかを知りたいときには、試してみてください。

まとめると、水はクラスターが小さいほど浸透性や流動性、溶解性に優れているため、体への吸収が早くなるということです。

吸収が早いと、体に溜まった毒素などを排出しやすくなってデトックス効果も得られるのです。

次に、ヒトの体内を弱アルカリ性に保ってくれる水についてです。

ヒトの体内はph7.35程度の弱アルカリ性なので、これを保ってくれる水はpH8以上の弱アルカリ性の水です。

疲労やストレスなどが蓄積すると「活性酸素」が発生し、体内は酸性に傾いていきます。

活性酸素は強力な酸化力で体を酸化し、体を錆びさせ、老化させてしまいます。

ですから、pH8以上の弱アルカリ性の水で、酸性に傾いた体内をもとの弱アルカリ性に還元させるのです。

これらのことより、飲むことで体に吸収されやすい良い水を選びたい時は、クラスターの小さい水で弱アルカリ性であるかを確認することがポイントです。

例えば、良い水の中でも、美容と健康によいと評判なのが霧島天然水のむシリカです。

吸収度が高くミネラルも豊富です。
霧島天然水のむシリカの効果に嘘はない?口コミ・成分・コスパの評価まとめ!

 

タグ :  

水の役立つ知識

この記事に関連する記事一覧